FC2ブログ

saelina diary

+++++ ドールとhydeを愛でる日々 +++++

生きています  

題名、一体何の報告なのか(笑)
あまりブログ放置するのもよくないですね。ちゃんと生活しています。

意図していませんが、ここ最近、奇数月に更新するようになっています。
もう少し更新頻度を上げていきたいです。出来れば。←

VAMPSさんは追いかけていません。というか、追いかけられません。
そんなにお金も体力もないよ~(笑)
あ、なんかジャケットがものすごく綺麗な新曲もあるそうで、それは気になります。

あと、ハロウィン今年もやるみたいですね。
ゲストが楽しそうでちょっと気になりますが。。。ももクロ?金爆?MayJ???
仮装はアナ雪で決まりだなw

SD方面は先日かろうじてボークスカードを更新したので、ニュースをもらいました。
新ヘッドの57番、男前じゃないですか…!こりゃ人気が出そうだ。

13少年ボディをGr少年ボディへ交換してくれる有償サービスもありますね。
私の中では、それぞれのイメージがあって使い分けているつもりなので、
交換しちゃうとだめなんです。
ただ、稼動が良くなるのは魅力的なんだよなあ。。。

ドール写真も久しぶりに撮りたい!以上、近況でした。
スポンサーサイト



Posted on 2014/09/11 Thu. 20:58 [edit]

category: ◆other

tb: 0   cm: 0

月1日記  

あーあ。また広告出しちゃった(笑)

月1日記と化しております。。。反省。

まだいろいろと落ち着かないんですが、書けるときに来ておこうと思って。

その間にハロウィンライブも終わり。
ツイッターの方で、どんな様子だったかは追ってました。

まさか花魁が出るとはね。

幕張だったし金曜だったしでどう頑張っても拝めなかったんであれですけど。

いろんなところで写真が出てて、こりゃ美しいな~と惚れ惚れ。

しかしまあ、生で見たゴスロリちゃん(2010年の方)には勝てないな、なんて個人的意見(笑)

次回のHYDE総選挙(あるのか?)も楽しみですな。

で、ドールの方でも、とあるディーラーさんたち主催の
ハイヲタさんたち&ハイドコスドールが集まるイベントがあったそうで。。。

イベントがあることは知ってて、もちろんめっちゃ行きたかった(琉依音を連れて)ですが!
そのときから予定が入っており、涙を飲みました。

マイミクさんも参加されたようで、
きっと、いろんなところで素敵なレポが拝見できるだろうな~と楽しみにしてます。

そんなこんなでした。

また、忘れたころに戻ってきます(笑)

Posted on 2013/11/09 Sat. 22:52 [edit]

category: ◆other

tb: 0   cm: 0

お久しぶりです…  

前回の記事からずいぶんと間が空いてしまいました…

琴紗、生きてます(笑)!!

仕事やらなんやら忙しくて、すーっかりこちらに寄れず。
そんな間に過去記事にコメントいただいてたようで…。

ありがとうございます、そして申し訳ございません(汗)

コメントいただいた記事にコメントお返ししておりますので
もしまだ見てくださっていたらご覧ください。

忙しくて

結局ハロウィンも申し込まず、天野×HYDE展も見に行っておりません!

あんだけ記事書いといて、っていう(笑)

ドールもほとんど触ってませんね…
きちんと窓際に座ってて、たまに眺めてはいたんですけど。

久しく写真撮って無いな~

そんな近況報告でした。
落ち着いたらまた書きたいと思います!!

Posted on 2013/10/06 Sun. 19:10 [edit]

category: ◆other

tb: 0   cm: 0

謎の咳  

しばらくブログを書いていなかったようです…

広告が出ないようには続けていきます。←目標が低いw

VAMPSさんが動き始めているようですが、どうも機敏に反応できずにいます。

なにせここ1週間ほど謎の咳に悩まされておりまして。
夜中にめっちゃ咳き込むので、ちゃんと寝られないんですよね。

そんな状態で仕事行って~ってやってると心も体もぐったりしてきました(笑)
どうやら喘息ではなさそうですが。ストレス?

そんなこんなな近況ですが、最近また漫画を読み直す熱が再燃しております。

今回はDEATH NOTE。


DEATH NOTE (12) (ジャンプ・コミックス)DEATH NOTE (12) (ジャンプ・コミックス)
(2006/07/04)
小畑 健

商品詳細を見る



まだ今回は最後まで読み直していません。
ただ表紙が12巻のが一番好きなので上の画像を選びました。

一度は昔に全部読んでいて、結末も知っているのですが
途中が文字ばっかりだったので結構読み飛ばしてたんですよね。
読み飛ばすと確実に話が薄っぺらくなる(笑)

今回はゆっくりじっくり読んでますが頭がこんがらがってきます。
キラ側から見ると…L側から見ると…
って視点が変わるし、
キラがLはこうするだろうと読んで動く、と推測するからLはこう動く
って高度な頭脳戦+心理戦。
こんなやりとりしてたんや~とか新鮮な驚きもたくさん。

物語としてめっちゃ面白いです。

何より画も綺麗なんですよね~
画集ちょっとほしかった時期があるw

映画も当時、映画館まで見に行った思い出があります。
松ケンのLは素晴らしかった!本物のようだ!

ストーリーも上手く2時間にまとめてたと思います。
原作再現しようと思ったら国際問題絡んでくるしね…無理無理。

さて、続きでも読もうかな。

Posted on 2013/04/26 Fri. 23:45 [edit]

category: ◆other

tb: 0   cm: 0

DWC 01番  

早くMSGDVDを見たいのですが、なかなか時間が取れません…
なぜか途中までしか見れてないのだ。見たい!

女優帽は見ました、見ましたがもっとじっくり味わいたいので(←?)
きちんとした感想はまた見た後に語りたいと思います。

で、題名の DWC 01番 とは。

SDの話題です。
ボークスのドルフィーワールドカップ(だったと思う)の略で、
今回は、幼SD着ぐるみとヘッドメイクの2種類のコンテストがあるようです。

ヘッドメイクの方で、参加するためのすっぴんヘッドが2つ販売されまして。

その一つ、01番ってのが教室Aそっくり!!!

全然、そうした情報に疎かったんですが(こういうイベントにはもともとあまり興味がない)
そっくりというより教室Aを一回り小さくしたような感じです~と買った方からの情報を得て

これは買うしかないやろ…!と(笑)

教室Aの小顔バージョンなんてどんだけ欲しいと思ってたか!!
(教室Aは巨頭ヘッドとして有名。ウィッグが伸びることも多々・笑)

ドルパアフターの2日目にすみかに電話したらまだ若干ありますよ~とのことだったので
そそくさと買ってきました☆もう売り切れてるのかな?
まだ、里には残ってるという話をちらっと聞きましたが、どうなんでしょう。

家でじっくり眺めてみると、確かに似てて少し小さく感じるので可愛い雰囲気。
女子に向いてるかも~なんて妄想してました。

が、うちには美白肌の女子ボディしかないので必然的に男子になる予定ですw

いま、うちにいる子たちとは違った雰囲気を出したいな~と思っているので
色気に挑戦してみようかと…!言うだけはタダ!!

まだ1回しかメイクしたことがないので
失敗したら、というかどうにもならなかったらメイクの旅に出そうかとも思案中。

こういう妄想してるときはほんとに楽しいですv

…こうしてヘッドだけ増えていくんだな、と実感(笑)
SDに手を出すと、転がるように増えますね。

Posted on 2013/01/16 Wed. 22:28 [edit]

category: ◆other

tb: 0   cm: 0

resurgence in interest in comics  

突然ですが最近、漫画を読み返すブームが来ています。

もともと漫画を読むのは好きで、少女漫画が多かったかな。
でも、ここ数年はそんなに読んでなかったんです。

一時期、古本屋でいろんな漫画を買い漁って本棚が入り乱れてました。
少し整理して、いま本棚には自分のお気に入りの漫画のみ入ってます。

どれも数年前に何回も読み返してるはずなんですが
結構、あらすじって忘れるもので(笑)
今回読み返して、え!そんな展開が!みたいな感じで新鮮に楽しんでました。

ちょいちょいネタバレ?というかどーでもいい感想書いてますので
いまから読むのを楽しみにしてるんだ!って方は閲覧注意。


●その1:輝夜姫(かぐやひめ) 清水玲子さん

輝夜姫 (1) (花とゆめCOMICS)輝夜姫 (1) (花とゆめCOMICS)
(1994/04)
清水 玲子

商品詳細を見る


この方の描く絵、とっても綺麗で大好きです。
友達にすすめられたか何かで、借りて読み始めた漫画。
読み始めた当初は、まだ連載が継続中だったので新刊出るたびに貸してもらってて
そのうち話が複雑になってきて途中でついていけず読まなくなって(笑)

なぜかそれからしばらく経って、急に読みたくなって全巻揃えました。
一度、最後まで読んでたんですけど、
今回読み返していくと全然知らん(というか忘れてる)エピソードがあって面白かった!

絵が端正で綺麗なのに内容がとってもグロい&重い。そのギャップがたまらんのですがv
かぐや姫伝説とか臓器提供のためのクローンとか月と地球とか英国王室やら米軍やら絡んできたりとか
近未来だったりグローバルだったり宇宙だったりファンタジーだったり盛りだくさん。

BLっぽいのとかGLとかなんでもありな恋愛模様も含め
人間関係の複雑さや心の醜さとか、逆に大きな愛とは何かみたいな
とにかく壮大なストーリーです。(上手く言えない…)

一番最初に読んだときはミラーさん大好きでした。←美形キャラ好き
ハイヲタなんで、大概こういうキャラにはまります(笑)

いま読み返したら、何よりも由と碧の関係が一番好き!!晶、邪魔!!←ひどい
何でも出来て最強の由が、弱虫だけど無垢な碧だけには頭が上がらない
っていうのがね!たまらんわけですよ!
碧なしには何も出来ない由っていうこの精神的な主従関係!
二人が仲良くしている描写、とくに由が嬉しそうに碧になついてる描写が一番好きです。

だから途中で、碧が意地張って由を突き放したり、離れ離れになったりってのが辛くてねー…
それぞれにそれぞれのキャラの立場があって、由と碧を邪魔したりするんだけど
碧が植物状態になったときには絶望しました。
一回読んでて知ってるはずなんやけど全然そんな展開やその後の展開も覚えてなかった!
最後は、まあ、その、晶には悪いけど由&碧好きとしてはある意味良かったかなあ。

晶も晶で主人公なんだけど、清く正しいわけじゃなくてどんどん性格が変わっていったり
周りのどのキャラも、単なる悪役ってのがいなくて
それぞれに理由があって悪役になったり犠牲になったりしてて、深いなあと。
どのキャラも憎みきれないんですよね。

そしてまた、みんな愛する人のために犠牲になってくんだよなあ(涙)
そこでそのキャラ殺す?!みたいに作者につっこみたくもなったりw
そうじゃないと話が深くならないからしょうがないんだけど…でも…と悶々としてみたり。

最後はちょっと切ない終わり方でしたね。みんないなくなるなんて寂しい。
スピンオフ的な漫画作ってほしいなあと思いました。幸せな由&碧でね(超個人的趣味)。


●その2:BANANA FISH 吉田秋生さん

Banana fish (1) (小学館文庫)Banana fish (1) (小学館文庫)
(1996/12)
吉田 秋生

商品詳細を見る


これ、つい先ほど読み返し終わりました(笑)

これもずっと前に友人に借りて、当時は1巻の最初でリタイアしたんです(笑)
絵があまり好みでなかったのと、面白さがわからなくて…
少女漫画特有の煌びやかな華やかさが全くないので(笑)当時の私には大人すぎる漫画でした。
でも、しばらく経って急に思い立って全巻揃えて、読んでお気に入り作品になりました。

今回、また読み返してずっぽりハマりましたよ~

輝夜姫で語ったのと同様、萌える関係はやっぱりアッシュと英二の関係ですよね!!
加えて、アッシュが女と見まごうほどの美形ってのが私のツボを押さえてますw
二人がリラックスしてじゃれあってる場面がたまりません。可愛いー!
そういう場面のセリフが完全に恋人同士なんですよね…友人越えてるやろ(笑)
でも性的なのが一切なくて、精神的な繋がりを表してるあたりが萌えますなあ。

しかし、輝夜姫と違うのがヘビーすぎる描写というか…
舞台がアメリカのダウンタウンなので、下品な言葉も差別用語も容赦なく出てくるし
おもにBL、そして暴行シーンとか死んでいく人の数が半端なく、
ファンタジー要素は一切ないのでそういう意味ではちょっとしんどいかな。

ストーリーとしては、いい仕上がりのハリウッド映画見てるみたいな重厚感。
実写化はあまりしてほしくないけども(笑)というか無理な気が。
がっつり政治的要素も絡みつつ、アクションありの頭脳戦ありの展開が面白い。
人物描写も細かくて深い。アッシュの心理描写とか…涙を誘う…

ゴルツィネの最後のシーンが意外に良かったな。アッシュへの歪んだ愛だな。
ブランカが一番いいキャラだな~と思ったりして意外に好きです。

いろいろ記憶も抜け落ちて新鮮に読み返してましたけど
最後のシーンは、さすがにあまりにも衝撃的だったので忘れてなかったです(笑)

一番初めに読んだ時は、ラオ、このやろー!と思いましたが
読み返して、ラオもシンを思っての行動なんだよなと思うと複雑な気分…

輝夜姫の最後は由も碧と一緒になったのでそこで救われた感がありましたけど
BANANA FISHは英二だけ残りましたからね…
ここで終わられたら、ストーリーとしては綺麗な終わり方だけど切なすぎて悶々でした。

だけど、ちゃんとANOTHER STORYにつながって
そこでやっと英二が救われたような気がするんですね。読者も救われた感w
と同時に、自分も英二と同じようにアッシュ死んだんやなって実感する
寂しい気持ちも残って、とにかくなんかもう一度読みたくなるという(笑)

涙なしには読めない漫画ですね。面白いです。


…思いの外、たっぷり語ってしまった(笑)
ラルク絡みで言えば、秘密-トップシークレット-とか鋼の錬金術師ももちろん持ってます。
また機会があれば語ってるかもしれないw

そうそう、ラルクと言えば富樫さん、ってことで(?)
昔レベルE読んだことがあって大好きなんですけど、持ってないんですよね。
バカ王子が初期ハイド、くらいの記憶しかないや…

私は、ハイドさんは2次元から出てきたんじゃないかといまも疑ってるので(真顔)
漫画の中にそれっぽいキャラはたくさんいるんですよねv
天使禁猟区も大好きだったけど、途中までしか読んだことないな…
戒音は持ってます。あれも初期ハイドやな、と勝手に思ってます(笑)

日本の漫画はほんと内容が深い作品が多いので、
これからもなんかいい作品に出会えたらいいな~

Posted on 2013/01/12 Sat. 01:26 [edit]

category: ◆other

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード