FC2ブログ

saelina diary

+++++ ドールとhydeを愛でる日々 +++++

BUTTERFLY  

もう何から書いていいのやら…(笑)

メディアラッシュも落ち着き、来週はルシエル限定ライブですね。
私は安定のお留守番組です(´・ω・`)オシゴトガンバロウ(棒読み)
行かれる方々、楽しんで来てください~♪


まずはBUTTERFLYについて。

届いてからずーっと通勤中リピートしております!
ちなみにUst当たりましたよ~(*^-^*)ところで、Ustってどうやって見るんだ?←調べろ

ジャケットが素敵で、とても好きです。
CHASEのジャケットも好き。こんな感じのワールドツアーのグッズ展開を期待する!
というか、BUTTERFLYのツアーやって欲しいよ。こんないいアルバムなのに。
ルシエル限定の全国ツアーでもいいよ。やってもバチ当たらんよ。やってください(懇願)

一番最初、早く新曲が聴きたくってアルバム全体を流してではなく、新曲から一曲ずつ聴き始めました。
自分でも邪道だとは思ったけどさ(笑)
というわけで、徒然なるままに感想書いてたら思いの外長くなったので
私の超個人的アルバム感想の続きは追記にしまっておきます~↓
新曲初聴き(発売前のUstのレコーディングは見てませんので)の感想は

Bye-Bye→ああ、teっちゃんって感じ。でも聞き覚えゼロw
shade of season→新しいような懐かしいような。ちょっとおとなしい印象。
wild flower→???ん???よくわかんない???
未来世界→甘い!声が甘い!アンドロメダて!何だそれw

Bye-Byeってこんな曲だっけ?から始まり
あまりにいろいろと期待しすぎたせいか、wild flowerが最初全然ピンとこなくって。
めちゃくちゃメロディ難しくないか?と思ったり。もともとラルクの曲は難しいけど…
「遥かな風に吹かれ」の“吹かれ”の音程に馴染むまでちょっと違和感があったり。
で、良く言えばバラエティに富んだ、悪く言えばほんとにハイドの言ってた通りバラっバラな曲たちで
一曲ずつ聴くと、これアルバムとして成り立ってんの?と謎だったんですが

一曲目からきちんと聴くとあら不思議!

なんなのこの綺麗なまとまり感(゚∀゚*) アラマ

初めからきちんと聴けよ、っていうね(笑)

シングル曲が多いけれど、どのシングルも各々のカラーが強く出てて
ハイヲタだからかもしれないけど、ハイドの歌の表現力がものすごく幅広い。
みんな違う人が歌ってるかのような、違うバンドが作った曲かのような。
色んな種類の音楽を聴いている感じがして、ちっとも飽きない。
それでいて、どこかに、ああずっと見てきたラルクだ、という聴いてて安心感もあったりして。
昔からこのバンドの強みはここにあるけど、それをさらに強力に引き出したアルバムような気がする。

そして歌詞がまた、深いんだ。
昔の暗ーい歌詞が大好きな私ですが、BUTTERFLYの中の曲の歌詞には不思議と心惹かれるんです。
鮮やかな色彩や風景を感じさせながら、背中をそっと押さえてくれる、優しい感じ。
抽象的すぎず、具体的すぎない、程よい言葉選びの距離感。
無理やり引っ張ってくれる、頑張ろうゼ!みたいな励ましの押し付けじゃないところがいい。

聴けば聴くほど味わい深くて、止められない。

CHASEはいわずもがなカッコイイ、ゴリゴリ疾走感のロック。
ここから急に艶っぽいXXXに入るもんだから、大人の雰囲気満載でクラクラする。やっぱりXXX好きだ。

仕事で嫌なことがあって落ち込んでたときにBye-Byeにめっちゃ励まされたり(笑)
歌詞の内容的にFeeling Fineに近いものを感じるけど、歌い方がとっても柔らかくて心地いい。
その後のGOOD LUCK MY WAYで晴れ渡る青空が眩しくなったり。
BLESSで広がる、これまでの道のりから開く夢を感じて。

shade of seasonはループする不思議な世界観で、ものすごく好きかもしれない!
カッコイイ曲だよー!みんなあまりフューチャーしてない気がするけどカッコイイよー!
ここからガーンとDRINK IT DOWNで黒いゴシックな世界へ連れて行かれる。

そんで優しく始まるwild flower。日本語詞と英語詞のmix具合がハイドにしては珍しいなと。
震災っていうテーマを知ってしまっているので、ハイドの思想がここに表れてますよね。
最初あったメロディの違和感も聴けば聴くほどしっくりハマってくる。

この流れでのSHINEが!とても!好きなんだ゜*。(*´Д`)。*° ウワーン

正直このシングルが出たときはそこまでハマらなかったんですが
めちゃくちゃいい曲じゃないかッ!!teっちゃん凄いよ!!←いまさらスミマセン(笑)
わ~っと鮮やかな色彩が広がっていく、華やかで明るい景色が煌いて広がって…
それから近未来を感じさせるNEXUS4に辿りついて。

未来世界。とっても可愛らしくて子供向けの童謡らしさがあるけど、歌詞がちょっと切ないんだよね。
「信じてたら行けたの?」「僕は叶わなかったけど」
可愛らしいだけで終わらない。ラルクの“大人らしさ”が一番出てるんじゃないかなあ。
とにかく歌い方が語りかけるような、優しくって甘い、包み込むような歌声なのだ。
一曲目のCHASE作った人たちと同じなの?って疑ってしまいそう。

ラルクと言えばHONEYやHEAVEN'S DRIVEしか知らないような一般人にも
ぜひ聴いてもらいたいな、って思える、そんなアルバムでした。

ますますラルクの魅力から離れられなくなってます(笑)

いろいろメディアラッシュで各メンバーの思いを聴いた上でアルバムを聴いて、
そういうのも含めてのアルバムだからっていうのもあるかもしれない。
より深く読んでしまう、聴いてしまう。そして、思います、

20年続けて来てくれて、このアルバムを生み出してくれてありがとう。
スポンサーサイト



Posted on 2012/02/17 Fri. 16:55 [edit]

category: ◆hyde&HYDE

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://saelina.blog.fc2.com/tb.php/65-1a09a02e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード